個人事業主にかかる税金
 
 サラリーマンの方は、給料から「所得税・住民税(道府県民税+市町村民税)」が源泉徴収され、年末調整によって最終的に税額が確定していますので、確定申告の必要はありません(医療費控除などを受ける場合は確定申告が必要ですが)。
 しかし個人事業主はそうはいきません。
「1月1日〜12月31日」までの「事業所得」を計算し、「翌年の2月16日〜3月15日」までの間に確実に確定申告しなければなりません。
また個人事業主の場合は、サラリーマンなどの方とは違い、さまざまな税金に関わっていますので、すでに個人事業主の方はもちろん、これから個人事業主になる方も、どのような税金が関わってくるのかを再確認しておきましょう!